即断!即決!即加工!ASAP!


Tel:0725-51-3399 Fax:0725-51-3398



加工可能材質一覧

 当社で加工可能な材質は、鉄・ステン・アルミニウム・真鍮などの金属だけでなく、樹脂などにも及び、多種多様に渡ります。下記に記した材質は、当社にて加工実績とノウハウのあるものですが、この一覧にのっていない材質であっても加工可能な場合もあります。是非お問い合わせ下さい。

SS400 一般構造用圧延鋼材。熱処理せずに使われる材質です。SSの後ろの数は引っ張りつよさの下限値を表わします。
S45C
0.42〜0.48%のC(炭素)を含んだ炭素鋼。炭素の含有量が0.6%以下を炭素鋼、それ以上は炭素工具鋼(SK材)と呼びます。さらにC量が0.25%以下の材料を軟鋼、それ以上を硬鋼と言います。Cの割合が多ければ多いほど焼き入れ後の硬さは高くなり、耐摩耗性がよくなります。
NAK55 ナック55-大同特殊鋼(株)のブランド品。プリバートン40HRCで日立金属のHPM1と同等品の材料です。
NAK80 ナック80-大同特殊鋼(株)のブランド品。プリバートン40HRCで日立金属のHPM50と同等品の材料です。
   

ステンレス

SUS303 オーステナイト系ステンレス。切削、耐熱性が良い材料です。
SUS304 オーステナイト系ステンレス。耐熱鋼として最も広く用いられています。18%のCrと8%のNiが添加されているので18-8ステンレスと呼ばれることもあります。鉄屋の得意な材質です。
SUS316 オーステナイト系ステンレス。304より耐食性に優れています。切削性は304より劣り、切削加工は敬遠されがちですが、鉄屋ではバッチリ削ります。
SUS403 マルテンサイト系ステンレス。耐熱鋼で高応力部材に使われる材質です。
SUS420J2 マルテンサイト系ステンレス。焼き入れが可能なステンレス鋼材です。
SUS440C マルテンサイト系ステンレス。焼き入れすることにより、耐熱鋼・ステンレス鋼の中で最高度の硬さにできる材質です。
SUS630 析出硬化系ステンレス。Cuを添加することで析出硬化性を持たせた材質です。
※析出硬化 - 熱処理により高度を高める処理
   

※引き抜き丸棒・ピーリング丸棒・HOT(ホット)四角/平角材・COLD(コールド)四角/平角材・六角材・研磨剤・丸パイプ・四角パイプ・平角パイプ・配管用丸管・#400丸管・シームレス管・アングル材・チャンネル材などを取り扱っております。

アルミニウム

A1070 A1050の代用として用いられる材質です。Al純度99.7%以上。
A2011 級呼称11Sと呼ばれ、強度と切削加工性に優れた材質です。 Al-Cu合金。
A2017 旧呼称で「ジュラルミン」と呼ばれ、耐食・溶接性は劣るが強度が高く、切削加工性も良好な材質です。Al-Cu合金。
A2024 旧呼称「超ジュラルミン」と呼ばれ、A2017より強度が高く、切削加工性もよい材質です。Al-Cu合金。
A5052 旧呼称52Sと呼ばれ、中程度の強度があり、耐食・溶接性ともに良好な材質です。Al-Mg合金。
A5056 旧呼称56Sと呼ばれ、耐食・切削加工性・陽極酸化処理性(アルマイト)がよい材質です。Al-Mg合金。
※陽極酸化処理 - 表面に酸化被膜をつくり、アルミニウムの錆を防ぎます。アルマイトとも呼ばれ、硬質化や着色も可能です。
A5083 非熱処理合金の中で最高強度を誇り、耐食・溶接性が良い材質。Al-Mg合金。
A6061 旧呼称61Sと呼ばれ、強度・耐食性が高いレベルで保たれた材質です。
A6063 旧呼称63Sと呼ばれ、A6061より強度は低いが、耐食・表面処理性に優れた材質。丸棒はなく、角、平角、アングル、チャンネル材となります。Al-Mg-Si合金。
   

C1020 無酸素銅。旧呼称OFCuBと呼ばれ、タフピッチ銅、脱酸素銅の長所を合わせ持った、酸素も脱酸材も含まない銅。銅分99.96%
※脱酸材 - 溶融金属の溶け込んだ酸素を除去するために使用する材料です。脱酸する金属により脱酸材の種類も異なります。
快削銅 旧呼称TeCu。銅にテルル(Te)を加え、快削性を大幅に良好にした材質です。耐熱性も高くなっています。
クローム銅 旧呼称CrCu。高い電気電導度と硬度を合わせ持った材質。高温時には耐摩耗性にも優れた特性を発揮します。
C1720 ベリリウム銅25、旧呼称BeCu25。銅合金の中で最高の強度と硬さを持っています。熱処理により硬さをHB344〜421まで上げることができます。Cu-Co-Be合金。
ベリリウム銅50 旧呼称BeCu50.電導性と高度が特徴です。硬さは25合金より劣りますが、電導性は50合金が優れています。Cu-Co-Be合金。
C5191 リン青銅、旧呼称PBB2。銅にスズとリンを混ぜた合金で、耐疲労・耐食・耐摩耗性に優れています。
C5341 快削リン青銅。リン青銅に鉛を添加して、切削性を上げたものです。
C6191 アルミニウム青銅、旧呼称ABB2。強度が高く、耐食・耐摩耗性に優れています。
BC6 砲金、旧呼称BC6C。銅、スズ、亜鉛、鉛からできた合金です。
C3604 快削真鍮、旧呼称BsBM2。切削性にとても優れている材質です。
C4641 ネバール真鍮、旧呼称BsBM2。海水に対する耐食性に特に優れています。
C6782 高力真鍮、旧呼称HBsB2。強度が高く、熱間鍛造・耐食性に優れています。
C1100 タプピッチ銅ブスバー、旧呼称TCuB。
   

難削材系

ハステロイ  
チタン  
インコネル  

樹脂系・その他